『9月9日』は救急の日

「救急の日」及び「救急医療週間」の実施について

令和3年度「救急の日」
令和3年度「救急の日」ポスター

 「救急の日」及び「救急医療週間」は、救急業務及び救急医療に対する国民の正しい理解と認識を深め、救急医療関係者の意識高揚を図ることを目的に、昭和57年度に消防庁により定められました。以来、9月9日を「救急の日」、この日を含む一週間(日曜日から土曜日まで)を「救急医療週間」としており、今年は9月5日(日曜)から9月11日(土曜)が救急医療週間となっております。

 本市の昨年中(令和2年中)の救急出動件数は6,824件で、1日平均約19件でした。出動件数が多くなれば、必然的に遠方の救急隊が出動するため、現場への到着が遅れてしまい、救える命が救えなくなるおそれがあります。救急車は緊急性・重症度の高い傷病者へ必要に応じて処置を実施し、病院へ搬送するために必要で、台数も限られております。救える命を救うためにも、救急車の適正利用にご理解とご協力をお願いいたします。